季節の移り変わりは早いもので、師走を迎えました。今年も寒暖の差を大きく感じましたが、11月の半ば以降は急に朝晩の冷え込みを感じる日が多くなりました。紅葉した木々の葉も落ち、街中の風景もすっかり冬の装いを漂わせています。また、藤沢小学校からも雪の帽子をかぶった富士山がくっきりと見える日が増えてきたことからも冬の訪れを感じます。これから、本格的な寒さが始まり、風邪も流行ってくることと思います。藤沢市内の小学校でもすでに学級閉鎖が出ています。幸い、本校においては、吐き気・嘔吐・熱等で早退や欠席する児童は多くありません。しかし、これから、少しずつ風邪の症状での欠席が増えてくることが予想されます。例年お願いしていることですが、風邪予防のため《手洗い・うがい》を励行し、ご家庭でも健康管理に十分注意をしてください。

 

 子どもたち一人ひとりの成長が見られ、成果を上げた実り多き2学期になりました。保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご支援に感謝申し上げます。

 

校長 鈴木 勝久