先日、麻婆豆腐のことを書きましたが、早速、給食のメニューに登場しました。実家の母もたまに作ってくれてはいたのですが、自分の中では湘南台小学校に勤務していたときに、近所の中華料理屋さんで食べた麻婆豆腐が絶品でした。その麻婆豆腐はとても辛いのですが、その辛さが新鮮だったのです。マスターに聞いてみるとそれは、花椒の辛味とのことでした。いわゆる四川風だったのですね。麻婆豆腐そのものが四川料理なので当然といえば当然のことだったのでしょう。さすがに給食の麻婆豆腐は、子供用の味着けなので花椒などは使っていないのですが、それでも白いご飯にたっぷりとかけて食べるのは毎回とても楽しみです。(校長)